トップ > SDGsへの取り組み

当社には遺品整理士の有資格者がいます。
 



●SDGsってなに?

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能で よりよい世界を目指す国際目標です。 17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、 日本としても積極的に取り組んでいます。

株式会社芙蓉商事は快適環境創造企業として

SDGsが掲げるゴールを目指します。



●当社がいま取り組んでいるSDGs


●ゴール3(すべての人に健康と福祉を)

・毎朝のアルコールチェック、社内運転検定による運転者適正診断により交通事故防止
・定期的なストレスチェック、健康診断の実施。再検査が必要なスタッフへの受診の促進
・インフルエンザ予防接種費用会社一部負担
・年次有給休暇の取得率の推進



●ゴール4(質の高い教育をみんなに)
・ISO9001・14001、Pマーク、品質検査の社内推進委員による定期教育の実施
・各現場ごとに安全・品質研修の可視化



●ゴール5(ジェンダー平等を実現しよう)
●ゴール8(働きがいも経済成長も)

・社内でのすべての差別に対する定期的な注意喚起
・ジェンダー平等に基ずく職場環境の見直し
・障がい者・シニア世代・外国人技能実習生の雇用促進



●ゴール6(安全な水とトイレを世界中に)
・有資格者による貯水槽清掃、トイレ清掃により利用可能・持続可能な管理の実施


●ゴール7(エネルギーをみんなにそしてクリーンに)
●ゴール11(住み続けられるまちづくりを)

・電気自動車の導入、エコバック制作・使用


●ゴール10(人や国の不平等をなくそう)
・外国人技能実習生の受け入れ、自国就労者と同等の賃金水準での雇用


●ゴール12(つくる責任つかう責任)

・廃棄物の分別回収及び、リユース、ペーパーレスの推進


●ゴール14(海の豊かさを守ろう)・
●ゴール15(陸の豊さを守ろう)

・社内基金による、自然保護団体への継続的な寄付活動



●当社がこれから取り組むSDGs


●ゴール7(エネルギーをみんなにそしてクリーンに)

・本社屋上に太陽光システムを導入し再生可能エネルギー発電による脱炭素社会への貢献


●ゴール8(働きがいも経済成長も) 
・毎年の定期昇給によるベースアップの見直し及び賃金格差の是正、子育て世代の賃金の是正

●ゴール13(気候変動に具体的な対策を)

・災害時支援の物資の備蓄と提供


買える・贈れるお掃除ギフト家事団欒

遺品整理

よくある質問

リンク集