ブログ更新 (新年会)


2018年1月18日(水)午後6時、山形屋様1号館7階を貸し切りで株式会社芙蓉商事の新年会が開かれました。
今年は会社を設立して55回目の新年会。
それに合わせて趣向が凝らされていて楽しかった。
仕事の都合で全員は参加できなかったけど、300名の社員でフロアはいっぱい。
今年は、明治維新から150年。大河ドラマ西郷どんの放送もあり、鹿児島が注目される1年です。
たくさんのお客様が鹿児島を訪れるでしょう。
その多くのお客様を、私たちは、安心安全、快適な環境、そしておもてなしの心で迎えます。
鹿児島県の新しいキャッチコピーは「どんどん鹿児島」です。
当社も「地域に必要とされ地域で愛される企業であろう」を合言葉に2018年も「どんどん芙蓉商事」で走り抜きます。新年会01新年会02 新年会03 新年会04

ブログ更新 (新入社員研修)


2018年1月15日、新入社員研修が行われました。
当社はビル管理(ビルメンテナンス業)を主な事業として、くらしサポート業務、温泉宿泊施設、物産館運営とさまざまな事業に取り組んでいます。
今日の研修もさまざまな方面の方々です。
仕事の内容も違うし、サービスの対象者(物)も違います。
でも、研修の内容は共通するものです。
働くって何? どういうこと?
自分のためでもあるし、他者のためでもある。
さあ、一緒に考えよう。ブログ

ブログ更新 (忘年会)


時間は朝の7時、バスを下りて会社に向かうと天文館の街が鮮やかな朝焼けに覆われた。
冬至を過ぎて日の出が少し早くなったせいか、何か気象のせいかは分からないけど何ヶ月ぶりかの光景を目にした。
何かいい事がありそうな今日は12月28日。多くの会社が仕事納めの日。芙蓉商事の仕事は今日も明日も続くけど、今日は忘年会の日。
本社に所属する人だけの忘年会に47名の参加がありました。
デザートには特注のケーキが準備され、それにはチョコレート細工のクリンちゃん(当社マスコット)がデコられました。
記念に写真をとって、ケーキ入刀、バァっとたかって、サァッと引いて、あっという間に47名の胃袋に消えていきました。
今年もいろいろあったけど、こうしてみんなと忘年会が出来たことが何よりです。
一年間おつかれさまでした。英気は養えましたか。
来年は戌(いぬ)年、ワン ランク上を目指しましょう。って鶴田常務の締めの言葉はシャレてたなあ。

DSC_0438 DSC_0442 DSC_0445

ブログ更新 (誕生日は過去に想いを馳せ未来に希望を持つ日であった)


目がさめると、胃がムカムカする。昨晩は食べすぎた。
クリスマスでチキンを食べすぎたということではない。
我が家のクリスマスはチキンの代わりに牡蠣フライが並んだ。
これが、おいしい美味しいと食べすぎたのが原因か。
そのうえお菓子の歌舞伎揚げも食べ過ぎた。
揚げ物はおいしくて食べ過ぎてしまう。
12月26日は56歳の誕生日、めでたいけど、浮ついた感がない。
ハッピーバースデー!とハシャグ年齢でもないけどね。
外はどんよりとして風が冷たい。
56年前のその日も、こんな感じだったのかなと思いながら会社に向う。
会社の人たちにはいつも感謝してるけど、今日は特別に感謝。
朝礼で、誕生日を祝ってもらい花束をいただきました。
朝礼に参加できなかったスタッフにもこの場を借りて“ありがとう”。
最近、ちょっと元気がなくてうつむき加減だったけど、シャントしなきゃと思う。
まずは、目の前の仕事から。未来へ続く今日をがんばろう。
体調管理も仕事のうち。飲み過ぎ食べ過ぎに注意しよう。IMG_0563

ブログ更新 (結婚式は夢の時間)


何度も痛い目に遭ってるので、気をつけていたんだけど、くらってしまった「魔女の一撃」
膝から一瞬に崩れ落ちて、「あぁ~~~」。
悲鳴はこらえた。
家族はまだ寝てる時間の歯磨き。口をゆすごうとして激痛が走った「ぎっくり腰」
家族を起こしては悪いと、苦悶の表情でじっと、声は出さずその場で耐えた。
カメムシになったようだった。
カメムシと思ったのは特に理由はなく、動かない亀を想像し、動けない自分が虫けらのように見えたから。亀虫。
痛みで動けず、洗面所の冷たい床に横たわり、「今日は結婚式だ。歩いていけるか立っていられるか。祝辞を考えないと」などと考えていた。
2017年12月10日(日)白川龍星君、佳代さんの結婚式。
白川は芙蓉商事の社員。設備管理員として鹿児島県警察庁舎様に勤務しています。
痛み止めを飲んで、コルセットを付けて式場に向う。
結婚式から招待されていたけど、腰の都合で披露宴から出席しました。
新郎新婦は輝き、会場全体が幸せに包まれた。
二人はディズニーランドが大好きで、いく度か行ったけど、今度はパーク内のホテルに泊まるのが夢らしい。
夢の世界へようこそ。
この披露宴も夢のような時間でした。
自宅に帰り、現実の世界に戻ったら、痛い、痛い、腰が痛い。
DSC_0384DSC_0390