ブログ更新 (出産祝金)

この子たちの未来はどうなるのでしょう。
育児休業中の社員が1歳になる男の子を連れて本社にきたときの言葉です。
列島各地で6月としては過去最高の40度を超えるなどの猛暑を記録しています。
コロナウイルスの感染者が国内で見つかってから2年5ヶ月。
感染者数はいまでも増加傾向にあり「第7波」につながる気配すらあります。
5年10年と気温は上がり続け、コロナウイルスは新たな変異ウイルスへと置き換わりそれが繰り返される。
気温上昇もウイルスも「気候変動がなければありえない」とどこかの学者が言っていました。
子どもの未来のために、私たち大人ができることは何かということを、クーラーの効いた部屋で考えています。
まずは(熱中症にならない程度の)省エネ、節電でしょうか。
育児休業中の社員へ、出産祝金が会社から贈られました。

出産祝金

ブログ更新 (わが社のホープ)

2022年6月16日、新入社員の二人は清掃作業の指導を先輩社員から受けていました。
高校を今年3月に卒業して4月1日から芙蓉商事で社会人として歩み始めました。
いや、実際に歩き始めるのはもう少し後のことです。
今はまだ四つんばいでハイハイ。よちよち歩きまでとはいきません。
なにせまだ2カ月半くらいなので目が離せないし手がかかります。
先輩社員に代わる代わる育ててもらっています。
いずれハイハイから先輩社員の手を借りて、立ち上がり、ひとり立ちしていくのでしょう。
その日がくるまでの間には、仕事が嫌になることも先輩社員の言動で頭にくることもあるでしょう。
美輪明宏さんは、こんなことを言っています。
辛い思いはすべてにプラスになる。
苦しかったこと、悲しかったことが、いつか必ず花開くときがくる。
花開き、実を結ぶまで辞めてしまってはいけない。
私は実感としてわかります。
でも、新入社員の頃はわからないかもしれません。
なぜって、社会人になって5年後、10年後を経験していないからです。
でも、その時はきっときます。
今を頑張ってください。

わが社のホープ1

わが社のホープ2

ブログ更新 (職場巡回:山形屋様)

鹿児島地方気象台の発表では6月11日に九州南部が梅雨入りしたようです。
昨年より1ヶ月遅れの(とみられている)梅雨入りで、遅れ(降雨量)を取り戻そうとしているのか、昨日から強い雨を降らせ続けています。
2022年6月14日、職場巡回で山形屋様にいきました。
当社の清掃スタッフは電車通り沿いの1号館をまかされています。
お客様の流れとしては、電車を降りてまずは1号館に入り上へ行ったり下へ行ったりしてから2号館に渡る、というパターンが多いような気がします。
2号館に渡る頃には、靴もある程度かわき、傘のしずくもわりあい落ちきっているのではないでしょうか。
1号館の場合だと、外から傘を差して入ってくるお客様も多いので玄関まわりはかなり濡れています。
お客様が滑って転んではいけませんので、重点的に拭いて回ります。
しずくだれ防止のビニール製傘袋が捨てられるゴミ箱はたちまち一杯になるのでその回収作業も忙しくなります。
梅雨は始まったばかり、鬱陶(うっとう)しい季節ですが、快適な環境でショッピングを楽しんでいただけるようスタッフ一同気を配っております。

山形屋様

ブログ更新 (職場巡回:活お海道)

2022年6月8日、職場巡回で道の駅山川港「活お海道」にいきました。
谷口料理長は、まいにち魚や肉をさばき、食材を揚げたり焼いたり煮込んだりしています。
それはそれは真面目に料理と向き合ってきました。
お客様の評判は上々(じょうじょう)。
レストランは連日多くのお客様でにぎわっています。
一緒に働くスタッフの話では、最近表情が穏やかになったとか、笑顔が出るようになったようです。
おめでとうございます。
会社から結婚祝金が贈られました。

活お海道1 活お海道2 活お海道3

ブログ更新 (職場巡回:工業用水様)

2022年6月8日、職場巡回で県工業用水様にいきました。
設備管理スタッフのひとり山下さんは勤続35年になります。
今回、商工会議所様より永年勤続表彰を受けたので、その表彰状と副賞を届けました。
技術者として永きにわたり建物を管理してきました。
加根又様、住友生命様、県庁様、市立図書館様などの建物管理。
会社からは永年勤続の副賞として旅行券が少し前に贈られました。
「コロナが収まったら旅行をしたいですね」とは山下さん。
その日まで、安全や体調管理に気を配りながら永年勤続更新です。

工業用水様1 工業用水様2