ブログ更新 (職場巡回:保健センター様)

平成30年10月18日、予定日より1週間遅れての職場巡回となった。
「もじもじ、ゴエがでまぜん」と連絡があり、そのまま入院となったのは、鹿児島県民総合保健センター様に配属の清掃スタッフ。
扁桃腺が腫れて化膿して、あわや呼吸ができなくなるというところだったらしい。
全身麻酔をかけられ目が覚めたら手術は終わっていて、二日後に退院して職場復帰した。
今日はしゃべるはしゃべる。しゃべくりました。声を出せなかった2日分を取り戻すかのよう。
この現場は2人勤務でもう一人の方も、ようしゃべる。二人してよく笑う。
“明るい職場対抗戦”、というのがあったら、上位入賞は間違いありません。
仕事で階段を上り下りして、休憩時間に笑いをはさみ、70歳を目の前にした二人はとても元気です。
でも、とつぜんくるからね。急に声が出なくなるとか。病気やケガは。
「用心して新しい年号を元気で迎えないとね」
二人はそう言って、うなずいて、笑った。

0DSC06638_-_コピー 0DSC06626_-_コピー

ブログ更新 (職場巡回:県工業用水様)

平川動物園が泣いているようだった。空は暗く、木々は雨に濡れ、お客様駐車場に車はなかった。
飼育員の男性(40)がホワイトタイガーに襲われ死亡した事故が起きたのは2018年10月8日午後5時頃。あれから2日、職場巡回で動物園の先にある建設中の工業用水施設に行く途中に通り掛かった。
事故の原因は不明だという。目撃者もなく一人で作業をしていたようだ。マニュアルやルールなどの規定はどうなっていたのだろう。
動物園側は、「飼育室に猛獣と一緒にいる状況はあり得ない」と説明していたが事故は起きた。
別の動物園では同様の事故が起きたあと、獣舎の清掃などは必ず2人一組で作業を行う決まりになったようだ。
再発防止策の共有、横展開が出来ていれば、あるいは防げた事故かもしれない。
建設中の工業用水施設は今年度中に完成を目指し、19年度から完全に旧施設と運転を切り替える予定となっています。
その建設中の施設で取水、給水など仮運転の監視を行っているのが、当社の設備管理課のスタッフです。旧施設と平行して2つの設備を管理しています。
両施設の情報共有、横展開をしっかりと行い、旧施設から新施設への移行業務が安全に滞りなく運ぶことを願います。

DSC06476_-_コピー

ブログ更新 (職場巡回:東カングランドマンション紫原台パークハイツ)

大規模修繕工事が終わって、初めて東カングランドマンション紫原台パークハイツにいきました。
見違えるほどキレイになってロビーも管理人室も明るくなりました。
2018年10月3日午前10時、当社の管理人さんは、玄関の拭き掃除をしていました。
8時30分に出勤してすぐに掃除。玄関、廊下、階段とキレイにしていきます。
最近では余裕をもって仕事ができるようになりました。
入社したての頃はゆとりがなかったのでしょう。周りに目が届かず痛い目に合ったことがありました。
それは、廊下の掃き掃除中のこと。廊下の端(はし)から端まで掃除して、非常階段の扉を開けました。と同時にガァーン。
何かにぶつかったとか転んだとかではなく落ちてきた。
落ちてきたのは長さ2メートルの金属製物干し竿。誰かが、非常口のドアクローザーに掛けたままにしていたらしい。
それがドアをあけた拍子にはずれて落下し左腕を挫傷。病院で手当を受けました。
集中すると周りがよく見えないことがありますが、この事故をきっかけに前後左右、頭上に足元と確認するようになりました。
あれ以来、無事故で管理人業務を遂行しています。
これ以上痛い思いはごめんです。IMG_4872_-_コピー DSC06467_-_コピー

ブログ更新 (九州地区ビルクリーニング技能競技大会)

表彰式では先に10名の名前が呼ばれる。1人、2人、3人・・・
固唾を呑んで出場者名簿にチェックを入れていく。
九州8県から16名が出場した九州地区ビルクリーニング技能競技大会が2018年9月28日、佐賀で開かれた。
この大会に当社の竹之内健が鹿児島代表として出場する。
仕事が忙しく、現場に駆り出され、十分な練習が出来なかったことは知っていたし、38歳という年齢も不利なように感じていた。
8人、9人、10人目の名前が呼ばれた。竹之内の名前はなかった。ここまで呼ばれなくてホッとする。
結果は6位入賞。本人がどう思っているかは別にして拍手である。
パチ、パチ、パチの拍手ではなく、手が真赤になるくらい力強く真正面を向いた拍手である。
競技は2名ずつ同時に行われた。竹之内は、開催県である佐賀の選手と同じ組でスタート。
時間は20分。速さを競うだけではないが、時間内にすべての工程を終わらせることは入賞の絶対条件である。
佐賀の選手はスピード重視らしく早い。竹之内はじょじょに、じょじょに離されていく。
後半に疲れが出たのか、さらにスピードが落ちたように感じた。
先に競技を終えた佐賀の選手の「終わりました」の声が会場にひびく。
竹之内は冷静だった。
先の選手に1分近く遅れたが、慌てることなく最後までしっかりと丁寧にこなした。
審査員の発表を待つ。
・・・
「ただいまのタイム、竹之内選手19分50秒」
うぉおおお、飛び上がりそうだった。
その時、二川コーチは胸をなでおろす行動をとった。
うわーっと声を上げ、うつむき、胸を手に当て、なでおろした。
選手とコーチの間柄(あいだがら)、嬉しさは人一倍だったと思う。
10秒を残して時間内に競技を終えたのは、本人の実力であるが、会社の仲間の応援も力になった。みんなの写真を会場に持ってきていた。
一人だけど、一人じゃない。みんなで手にした「佐賀県ビルメンテナンス協会長賞(第6位)」だったように思う。

1枚目

2枚目

3枚目

ブログ更新 (結婚式)

結婚式場が無い。招待状に書かれている住所を検索しても出てこない。
あわてて地図アプリのストリートビューで確認すると、何やら建設中の建物がある。
もしかしてこれか?
どうしたことかと、インターネットで式場を検索すると”2018年6月鹿児島にグランドオープン”の文字が飛び込んできた。
それで、まだ、地図にはなかったのか。
結婚式の日時は2018年9月23日11時から。迷わないように場所もしっかり確認して会場に向かう。
今日は設備管理課宮下君の結婚式。
当日まで会場の場所を確認していなかったのは我ながら笑えた。
失礼な話です。
新郎新婦にとってはこの会場決め、たいへんな事だったと思います。
桜島の絶景とオーシャンビュー。素晴らしい会場での結婚式にお招きいただきありがとうございました。
心よりお祝い申し上げます。

IMG-0582_-_コピー
IMG_8713_-_コピー