ブログ更新 (新入社員研修)


「会社に入ったら、いいことも大変なことも、もちろん、いろいろある。
そういう環境のなかで、一生懸命に働き、少しずつ経験を重ね、その仕事の意義を見出し、その仕事をする悦びを人生の悦びにしていく。」
今日、2018年6月12日の日経新聞に掲載されていた、ある企業の広告コピーです。
今日の新入社員研修には、これを使わせてもらうことにします。
参加者は、5月入社の菅谷さんと森さんの二人。清掃業務と設備管理業務と職種は違うけど、仕事の意義は同じです。
それは、仕事を通して快適な環境を提供すること。
仕事は辛いものだけど喜びに変えられたらいいなと、そう思います。

IMG_2728_-_コピーブログ

ブログ更新 (情報漏洩対策)


森永乳業から個人情報が流出したと、今日(2018年6月5日)の新聞に載っていた。
300件を超える被害を確認し、個人情報が漏洩した可能性があるのは最大9万2822人らしい。
同社は「多大な迷惑をかけて深くおわびします」と陳謝しているけど、個人情報を漏らされた方は怒りと許せない気持ちでいっぱいだろう。
情報の取り扱いには私たちも気をつけようと、仕事を終えて現場から戻ってきたスタッフに注意喚起を促すことにする。
まずは、本社所属の清掃スタッフから。
お客様の建物や事務所内に、芙蓉商事の社員ということで、出入りをさせてもらっています。
そこには情報、あっちにも情報、こっちにも情報。
目のやり場に困るけど、目を向けるのは作業範囲、行動範囲だけにして余計なものは見ないようにする。ましては情報を盗んではならない。
そして、見た情報、耳にした情報は絶対に漏らさない。
お客様からの信用があって建物や事務所内の出入りを許されているので、その信用を失くすような情報漏洩があってはいけません。
私たちだって、情報をもらされると怒るし、絶対に許せませんから。

情報漏洩対策

ブログ更新 (事業所責任者会議(清掃業務課))


 

2018.04.23(月)、一日の仕事を終えて各事業所の清掃業務責任者が本社に集まりました。
平成30年度がスタートして第1回目のミーティングです。
年度更新と合わせて作業内容が変わった事業所もあり、再度仕様書の確認と安全作業をお願いしました。
今日は“痛い”話があります。
私たちの仕事はスリップ転倒事故が多いので、足下には十分気を付けていた。
はずだったのに「ガツン!」と何かに当たった。
痛みでうずくまると「物干し竿」が・・・。
何かの拍子(ひょうし)に“物干し竿”が落ちてきたらしい。
足下だけではなく周囲の状況を良くみて行動しないと“痛い目”にあいます。
これを教訓にして同じ間違いを起こさないように気をつけて下さい。
「前後左右 足下注意 うえ注意」

清掃業務課責任者会議

ブログ更新 (ただいま特訓中)


昨日は鹿児島市内の気温は29.5度だったらしいけど、今日(2018年4月13日)も暑い。
事務所の中にいても暑いので外はたまらんだろうなあ。
その外から「オーライ・オーライ・オーライ」
「ダイジョウブ・ダイジョウブ」
「マワシテ・マワシテ、ハイ、マッスグ」
別の方からは、「ココにナオシテ、アッチにハコンデ」
「ココをツカンデ」「ソッチはマワシテ」
と何やらにぎやかなので見に行きました。
「オーライ、オーライ」の方は、若葉マークの社員が何度も何度も繰り返し繰り返し車庫入れの練習をさせられていた。
教官は“清掃業務課の課長”。
社内検定に合格しないと社用車を運転できない規則があるので、その練習をつけていた。
「ココに直して、あっちに運んで」の方は、4月に入社した新卒社員が機材の扱い方の指導を受けていた。
教官は“設備管理課の課長”
暑い中、ひたむきに指導している両課長を見ていると、熱いんだけど爽やかさのようなものを感じた。
教えられる方は暑いやら緊張やらの汗タラタラかな。

DSC04960 DSC04976

 

ブログ更新 (新入社員研修)


2018.04.12(木)、今月から勤務する3名の新入社員研修が芙蓉商事の本社で行われました。
内容はいつもと一緒。気分で変えたり、研修を受ける方に合わせて替えるということはありません。
当然のことですが、企業理念や経営方針を軸に展開していきます。
3名の年齢は、一人が同じ年(学年で言えば1つ上)、一人は2つ上、一人はもっと上。
先輩を前にしてやりにくさを感じつつ「芙蓉商事の当たり前基準」の話をしました。
内容は、経験から知っていることばかりなので、理解して共感していただけたと思います。
▼私たちの会社は、物づくりの会社ではありません。
お客様が快適だと感じてもらえることを職場で、自分が受け持つ仕事で、実現するのが私たちの仕事です。
言い換えると、お客様に快適だと感じてもらえることが私たちの仕事です。
自身が受け持つ仕事を早く覚えることはもちろんのこと、環境やお客様にやさしい仕事、ほほえみのある仕事を日頃の心がまえに入れてください。
快適環境創造企業「芙蓉商事」の当たり前基準です。DSC04896