ブログ更新 (九州地区ビルクリーニング技能競技大会)

表彰式では先に10名の名前が呼ばれる。1人、2人、3人・・・
固唾を呑んで出場者名簿にチェックを入れていく。
九州8県から16名が出場した九州地区ビルクリーニング技能競技大会が2018年9月28日、佐賀で開かれた。
この大会に当社の竹之内健が鹿児島代表として出場する。
仕事が忙しく、現場に駆り出され、十分な練習が出来なかったことは知っていたし、38歳という年齢も不利なように感じていた。
8人、9人、10人目の名前が呼ばれた。竹之内の名前はなかった。ここまで呼ばれなくてホッとする。
結果は6位入賞。本人がどう思っているかは別にして拍手である。
パチ、パチ、パチの拍手ではなく、手が真赤になるくらい力強く真正面を向いた拍手である。
競技は2名ずつ同時に行われた。竹之内は、開催県である佐賀の選手と同じ組でスタート。
時間は20分。速さを競うだけではないが、時間内にすべての工程を終わらせることは入賞の絶対条件である。
佐賀の選手はスピード重視らしく早い。竹之内はじょじょに、じょじょに離されていく。
後半に疲れが出たのか、さらにスピードが落ちたように感じた。
先に競技を終えた佐賀の選手の「終わりました」の声が会場にひびく。
竹之内は冷静だった。
先の選手に1分近く遅れたが、慌てることなく最後までしっかりと丁寧にこなした。
審査員の発表を待つ。
・・・
「ただいまのタイム、竹之内選手19分50秒」
うぉおおお、飛び上がりそうだった。
その時、二川コーチは胸をなでおろす行動をとった。
うわーっと声を上げ、うつむき、胸を手に当て、なでおろした。
選手とコーチの間柄(あいだがら)、嬉しさは人一倍だったと思う。
10秒を残して時間内に競技を終えたのは、本人の実力であるが、会社の仲間の応援も力になった。みんなの写真を会場に持ってきていた。
一人だけど、一人じゃない。みんなで手にした「佐賀県ビルメンテナンス協会長賞(第6位)」だったように思う。

1枚目

2枚目

3枚目

ブログ更新 (新入社員ブログ 4日目)

2018.4.4 給湯室や機材・資材置き場等、まだ見ていなかったところの見学をしました。そのあと座学メインの研修でお客様(お店や施設等)や担当の方について勉強しました。午後からは会社理念やグループビジョンの唱和を行いました。少し早口になったりしましたがハキハキとした声で言い、暗記しました。後少しで5日となりますが、どんどん仕事を覚えていきます。修正4月5日

ブログ更新 (職場巡回:大塚クリニック様)

2018年4月5日(木)、腰を痛めて長く休んでいたスタッフが職場に復帰したと聞いたので、勤務場所の大塚クリニック様に様子をうかがいに行きました。
「迷惑かけてごめんなさいねえ」と言いながら出てきたのは70歳になる斎野さん。腰を痛めた本人です。
間違いのないようにもう一度書きますが、斎野さんは大塚クリニック様に入院とか通院しているのではく、病院清掃のスタッフとして芙蓉商事から配属されています。
で、ことの次第はこうです。
住み始めて37年の良く知った我が家、目隠ししてでも歩けそうなのに玄関で転んだ。
というより、落ちた。ゴミ出ししようとゴミ袋を持ったまま。タイル張りの床に落ちた。
痛いのと苦しいのとで「ウゥーウゥー」しながらジッと耐えて治まるのを待って、這ってどうにかこうにかしたようです。
骨に異常はなく打撲程度で済んで良かったけど2週間休みました。
「骨は人より強いらしいの」
毎日配達されるビンに入った牛乳のおかげらしい。
斎野さんはカゼなどの病気で休んだことは1日としてない健康なカラダだけど事故やケガでは休みます。
昨年は、台風がくるからと庭の鉢を片付けようとしてギックリ腰にやられました。
ケガや事故には十分注意していただきたいと思いますが、もうだいじょうぶそうです。
今回の事故でだいぶ慎重になったようです。
なぜって?
「娘にひどく怒られました。」大塚クリニック様

ブログ更新 (異人館防火訓練)

「ジリリリリーッ」火災を知らせる警報音や消防車のサイレンが鳴り響きます。
街行く人々が「何事か?」と振り返ります。
本日1月26日(金)は鹿児島市文化財防火デー。世界遺産に登録されている「異人館」で消防訓練が行われました。
(実際の火災ではないのでご安心下さい)
弊社では鹿児島市様からの委託で「異人館」の管理業務を行っております。
今日は1F通路で火災が発生した事を想定しての訓練。
「火事だー火事だー避難して下さーい」と館内の来館者の避難・誘導をするためスタッフが走り回って何度も叫びます。
「全員避難完了しました。負傷者は、ありませんでした!」という報告と同時に消防隊の一斉放水!
訓練はテキパキとした段取りで終了しました。
実際の火災でも来館者の避難誘導を最優先にし、施設の被害も拡大しないよう消防隊へ迅速な連絡を行います。。
異人館は重要な文化財でもありますので火災が発生しないよう日頃の危機管理意識を高め施設管理を徹底してまいります。

IMG_9952 IMG_9953 IMG_9967

ブログ更新 (夢をありがとう)

最後の一人となって、はっぴょうまでの、じかんが、とても、ながく、かんじられた。いろんなことを想像した。そして、そのとき、「発表します。優勝は、中国地区代表の・・・」
九州地区の関係者は、鹿児島県の関係者は、そして会場に来ていた芙蓉商事の社員の気持ちはどうだったか。私にはわかります。一瞬「あぁ〜」と首をうなだれ、すぐに顔を上げ、「よくやったー」と心からの拍手を贈ったことを。
11月16日、東京ビッグサイトで開催された全国ビルクリーニング技能競技大会に九州代表として出場した当社の北園選手は日本一の称号を手にすることはできませんでした。泣きそうだったそうです。二人三脚で歩んできた先輩であり指導者でもある二川翔太も同じです。でも、この経験が、二人を、さらに成長させることは間違いありません。これからどのように進化していくのか楽しみです。
競技会に出場するのに、練習時間の確保など、同僚のさまざまなサポートがありました。特にサポーターがチカラを入れたのが、会場での応援の練習。応援団員に選ばれた10人は、来る日も来る日も練習しました。北園選手の心の支えになったと思います。本番での応援は見事でした。圧倒的なチカラ強さ、チームワーク、声の大きさだった。
「発表します。最優秀応援団賞は、九州地区代表 株式会社芙蓉商事」。。。「うぉー」。のけぞってのガッツポーズ。私は応援団員ではなかったけど、代表で表彰された。名誉なことでうれしかった。
北園が鹿児島大会、九州大会、全国大会と勝ち進むたびに、希望や夢を見させてもらいました。次は、私たちが夢や希望を持てる会社にしたいと思います。
北園君、練習はきつかったでしょう。プレッシャーはどれほどのものだったか。おつかれさまでした。そして、ありがとう。

全国大会画像