ブログ更新 (職場巡回:北部斎場様)


2017年9月13日(水)職場巡回で鹿児島市北部斎場様に行きました。
最初に、鹿児島市環境局の折田場長と、専門員の迫田様にごあいさつ。
「ご遺族の方が、故人様との最後の時間を安心してお過ごし頂けるよう心をくばりながら執り行います」
スタッフとは、業務の都合で全員と会うことが出来ませんでした。
「心くばり」を忘れずに。IMG_0332

ブログ更新 (職場巡回:美術館様)


2017年8月8日(火)職場巡回で鹿児島市立美術館様の受付スタッフに会いに行きました。
時間は午前9時すぎ。入口付近にたむろしているセミたちは、そのへんのセミとは格が違った。
うるさいを超えて耳が痛いどころか助けて~、ヤメテ~。と叫びそうなる。
急いで館内に入るとそこは別世界。
クールビス期間中の冷房の設定温度は28度が目安とされています。
ここは、ちょっとヒンヤリ。長い時間いたら冷え切りそうです。
室温は・・・・・・
今まできいたことがない20度。20度ですよ。湿度は50%。そして薄暗い館内。
7月、8月の最低気温でも25度を下回ることはないので、やはり別世界です。
20度だと冬服がちょうどいいくらいです。
半袖にスカートの制服では、冷えます。
見せてはもらえなかったけど、ホッカイロ、貼ってます。
昼休み、カメの甲羅干しじゃないけど、日光浴します。
だったら冷房の温度あげれば!
あげられないんです。
あげられない理由があります。
いま、「バロックの巨匠たち」と題した特別企画展で、バロック絵画を展示しています。
バロック様式は16世紀末から17世紀初頭にかけてイタリアを起源として成立し、18世紀初頭までにヨーロッパ全域に広がりました。
そのヨーロッパ各国から集めれた絵画が、ここにあります。
「寒い」とか言ってられません。
絵のコンディションを保つために必要な温度・湿度・明かり、らしいのです。
ゾクゾクします。
寒いんじゃなくて絵の素晴らしさに。
9月3日までとなっています。
バロックの巨匠たち-ヨーロッパに広がった光と影の奇跡
http://www.city.kagoshima.lg.jp/artmuseum/index.html

DSC02285

ブログ更新 (職場巡回:南部清掃工場様)


2017年8月3日(木)午前10時、職場巡回で鹿児島市の南部清掃工場(ごみ焼却施設)様にいきました。
駐車場に着くと草の山がアチラコチラに見えます。
朝の涼しいうちにと草刈りしたようです。
中央制御室にいくと、2つの班が集まっていました。
どの班が草刈りしたのかスグわかります。
班長さんは長靴のままでした。
草刈りは10時で終了、これ以上は熱中症が心配です。
休憩をはさんで別の業務に取り掛かります。
その休憩時間に班長、副館長に話をききました。
班長になると、責任の重さが違います。なかには胃が痛いとか夜も眠れないと訴える方もいます。
悩みも人それぞれです。
トラブルが起きたらどうしようと見えない不安に襲われます。
部下も三者三様、チームをまとめて効率よく仕事を進めたいけど簡単にはいきません。
部下の育成にも手を焼いてます。
たいへんなことがいっぱいあるけど、すべてを解決しようなんて絶対にムリ。
自分の出来ることを自分らしいやり方で進めるしかないですよね。
土木女(どぼじょ)、土木建設業界で活躍する女性の呼び名です。
すっかり定着した感があります。
10万人の女性が土木関係の仕事に携わっているようです。
当社には100人を越える設備管理のスタッフがいるけど、女性のスタッフはいまだゼロ。
この先、近い将来、現場に女子がいる。
そうなると、職場、チームの雰囲気が変わる。
班長さんも仕事が楽しくなる。
それとも別の悩みが生まれるか。
悩みはつきません。

DSC02269

ブログ更新 (アビリンピック)


2017年7月30日(日)、鹿児島市の気温は35度を越える猛暑。
この夏一番の暑さだと誰かが言い、熱中症で25人が病院へ搬送されたと騒いでいた。
ココも暑かった。ポリテクセンター(職業開発促進センター)の競技会場。
障害者技能競技大会(アビリンピック)が開かれ、ビルクリーニングの部に芙蓉商事からも出場しました。
競技は「カーペット床材」と「弾性(プラスチック系で弾力のある)床材」のクリーニング。
2つの会場を使って交互に行われました。
その1つは冷房エアコンはなく、オレンジ色の大型扇風機がゴォーゴォーと熱風をかきまぜていました。
見ている私たちでさえ暑くて目が回りそうです。選手はさぞかし大変だったでしょう。
ハンデを背負った一人一人の懸命な姿に、胸がじーんと暑く熱くなります。
結果は3位、本人は悔いが残ったようですが、経験は積み上げられ、またひとつ成長したことに違いありません。
熱中症が心配されるなか、爽快な気分にさせられた競技会は終わりました。
来年の大会は後進に譲るそうです。
経験は引き継がれていきます。

P_20170730_133952

ブログ更新 (職場巡回:山有フクイタダキ様)


鹿児島市下荒田に自然食のレストランがあります。
お店の名前はフクイタダキ。
たぶん、漢字標記だと「福頂」、ひらがなを交えると「福いただき」でしょうか。
ご利益がありそうな名前のレストランです。
2017年7月27日(木)その自然の恵みをいただくレストラン「フクイタダキ」様
にいきました。
出迎えてくれたのは、当社の清掃フタッフ国笑さん。ただしくは國生さん。
まいにち福いただいて元気に働いています。
レストランの人気メニューは「やさいラーメン」。
野菜は自社直営の農園で栽培されています。
畑の土づくりにもこだわり、有機肥料で栽培された野菜は本物の味をたのしめます。
ただ今の時間は午後3時、店内はそのラーメンを食べるお客様が数名。
「ちょっと小腹がすいたから何か食べようか?」
「鶏がらスープの野菜ラーメンはどう?」
「それ、いいね!」
そんなところでしょうか。
地域の方々にひいきされて、朝食、お昼の定食、ディナーと多くのお客様でにぎわっています。
利用されるお客様が 気持ちよく買い物や食事を楽しめるよう、國生さんはいつも笑顔で働いています。
パソコンに「こくしょう」と入力すると「国笑」って変換されるなあ。
国が笑ってる。

DSC02252