ブログ更新 (清掃の仕事紹介(本社勤務))

清掃業務課は、本社勤務と現場勤務があります。
現場勤務は、本社に出社せず、水族館とか病院、商業ビル等そろぞれの配属先に直接出向いて、床を掃く、掃除機をかける、トイレ掃除をするなどの業務を毎日行います。
仕事が終わると、本社に寄ることもなくそのまま帰ります。
本社勤務は、毎日本社に出勤して、その日予定されている現場にそれぞれ向かいます。
業務は、ハウスクリーニング部門とビル清掃部門があります。
ビル清掃は、店舗やオフィス等の床洗浄ワックスが主な仕事になります。
今日(2020年3月6日)、南部清掃工場様ビル清掃の現場へ同行しました。
おおまかな仕事の流れは次のとおりです。
1.事務所にある机、椅子、他すべてのものを持ち出し、部屋をからっぽにする。
「備品はお客様の大切な財産です。手荒く扱って傷つけないようにソォーッと運び出します」とはチームリーダーの有村勇一さん(56歳)
2.部屋の物がすべて持ち出されたら床面洗浄に入ります。
床面に洗剤をかけながら、ポリッシャーという”まーるい”大きなタワシがぐるぐる回転する機械を使って汚れをこすり取っていきます。
3.そのあとを、相棒の諏訪原康樹さん(29歳)が汚れた洗剤水を集めていきます。
道具は、車のワイパーとチリトリを大きくしたようなものを使います。ホウキとチリトリでゴミを集めている感じです。
4.次に、汚水を回収しただけでは、床表面に汚れと洗剤分が残っているので、固く絞ったモップで拭き上げます。
5.そのあと、床面を乾燥させてからワックスを塗っていきます。
ワックスを床にたらし、ワックス用のモップを使って均一に塗り込んでいきます。
塗り終わったら乾燥させます。乾燥は扇風機(家庭用4台分位の大きさ)を使います。
乾いたら、2回目のワックス掛け。ワックスを塗り重ねていきます。
以上、おおまかな流れです。
「キレイなった床を見ると満足感があって仕事楽しいですよ」とは有村さん。
「お客様が喜んでくれて『ありがとう』って言ってくれるから嬉しい。やりがいがありますよ」とは諏訪原さん。
みんなが笑顔になるこの仕事、素敵です。
本社清掃の仕事1
本社清掃の仕事2

ブログ更新 (ねじめ黄金カンパチ)

2020年2月26日、宿泊先の「ネッピー館」をチェックアウトして、歩いて3分の、当社が指定管理者として運営する物産館「なんたん市場」に立ち寄って中をのぞいてみました。
奥の方にガラスで仕切られた小部屋があり、そこで、カンパチをガシガシ洗っていたのは、雪丸みゆきさん(女性です)。
彼女が入社したのは「なんたん市場」がオープンした時からなので丸8年になります。
応募した理由が魚を捌(さば)けるから、といってもアジ程度(大きさが)。
「今はアジよりカンパチを捌く方が好き」、だと言います。
小物より大物、達成感、満足感のレベルが違うからでしょうか。
アジ12匹をまとめた位の大きさの「ねじめ黄金カンパチ」を、細腕一本で捌いていく職人の技に、しばし見入ってしまいました。
(根占のカンパチはブランド名のとおり黄金に輝いています)
内蔵が取り出され、歯ブラシのようなものでゴシゴシ血合いがかき出され、目の前に横たわるカンパチ。
身だけになったカンパチに息はありません。
──でも、身はピク、ピクッと波打っています。
どう説明したらいいのか、奇妙な現象を見せられているようです。
あと10分もすれば「ブロック」や「刺し身」に切り分けられて店頭に並びます。
食物連鎖的に考えると、人間は頂点にいるので、食べられることはないけど、食べられる身になって大切な命をいただきたいと思います。

なんたん市場

ブログ更新 (職場巡回:ねじめ温泉ネッピー館)

2019年10月6日、新入社員研修で南大隅町にある「ねじめ温泉ネッピー館」にきています。
73歳になる新入社員の宮川さんはまな板の前に立って50年になる板前です。
ホテルや旅館で修行を積んで7月からはネッピー館で腕を振るっています。
料理は自分の舌で覚えました。
見習いの頃の料理人の世界には塩何グラムとか砂糖小さじ1パイとかのレシピはありません。
料理は教えてもらうものではなく盗むもの。習うより慣れるしかありません。
鍋を洗いながらペロッとなめる。しょっちゅうなめる。なめて味を覚える。
料理をまかされるようになってからもペロッとやって味を確かめる。
だから、ある程度トシのいった料理人の歯は虫歯でボロボロだそうです。
その点、今の料理人は虫歯が少ないとか。
ペロっとしなくなったからです。
誰が作っても(パートさんが作っても)同じ味の料理を出せるように、レシピが細かく決められていて、舌に頼る料理からレシピに頼る料理に変わったからです。
ネッピー館の調理場に入った当初は少しとまどいがあったようですが、料理人を目指した20歳の頃の気持ちで頑張っているようです。
「足腰は少し衰えたかもしれないけど腕が落ちることはない」と宮川さん。
調理白衣をキリッと身つけた姿に年輪を感じさせるものがありました。

DSC09909_-_コピー

ブログ更新 (職場巡回:ネッピー館)

料理長といえば、怖そうで近寄りがたいイメージがありますが、中には人のよさそうなやさしい感じの料理長もいたりします。
2019年9月11日、ネッピー館の人のよさそうな料理長が、秋の限定メニューを新しく4種類考えたというので試食にいきました。
場所は鹿児島市から車で2時間の「ねじめ温泉ネッピー館」です。
「旬の食材の中から鮮度のいいものを厳選して使っています」とは料理長の言葉。
これからも旬の食材に合わせてメニューを提供していくそうです。
鹿児島市内からは少し遠いですが、ネッピー館では年4回季節限定のメニューを準備してお客様をお待ちしております。
「お客様が喜ぶ顔を想像しながら料理します」と話す料理長の腕は確かなもの。
やさしい味は、料理長の人がらを表しているようです。

DSC09513 DSC09786

ブログ更新 (職場巡回:交流センター様)

「今年の夏は灰が降らなくてよかった」とは責任者の板敷さん。
2019年9月11日、職場巡回で「かごしま県民交流センター」様の防災センターにきています。
ここは、当社の設備管理スタッフの仕事場になります。
先の”灰”とは、桜島の噴火による降灰のことで、夏場は鹿児島市内方向に噴煙が流れてきます。
噴火の多い年になると、ひと月に100回以上も噴火するので、息をするのも大変です。
設備管理のスタッフを悩ますのが、屋上に設置されている太陽光発電パネルと雨水導入口への降灰です。
雨水は、水の有効利用を進める取り組みとして、水洗トイレ用水や散水などに使われます。
太陽光パネルに灰が積もると発電量が落ちるし灰がまじった雨水は管が詰まる原因にもなるので、灰が積もるたびにスタッフは屋上にのぼり、灰の除去を行います。
それで「今年の夏は灰が降らなくてよかった」ということになります。
降灰の除去は設備管理の一つの業務で仕事は多岐に渡ります。
大雨が降れば降ったで、台風が来れば来たで対応におわれます。
先ほども「会議室の机が壊れている」と連絡があり、2名のスタッフが現場に向かいました。
クーラーのきいた交流室では、学生がいい感じで勉強しています。
裏方をつとめる設備管理のスタッフは注目されることはありませんが、この人たちがいるからこそ建物を快適に利用できる。
そう、思います。

DSC09538_-_コピー