ブログ更新 (夢をありがとう)


最後の一人となって、はっぴょうまでの、じかんが、とても、ながく、かんじられた。いろんなことを想像した。そして、そのとき、「発表します。優勝は、中国地区代表の・・・」
九州地区の関係者は、鹿児島県の関係者は、そして会場に来ていた芙蓉商事の社員の気持ちはどうだったか。私にはわかります。一瞬「あぁ〜」と首をうなだれ、すぐに顔を上げ、「よくやったー」と心からの拍手を贈ったことを。
11月16日、東京ビッグサイトで開催された全国ビルクリーニング技能競技大会に九州代表として出場した当社の北園選手は日本一の称号を手にすることはできませんでした。泣きそうだったそうです。二人三脚で歩んできた先輩であり指導者でもある二川翔太も同じです。でも、この経験が、二人を、さらに成長させることは間違いありません。これからどのように進化していくのか楽しみです。
競技会に出場するのに、練習時間の確保など、同僚のさまざまなサポートがありました。特にサポーターがチカラを入れたのが、会場での応援の練習。応援団員に選ばれた10人は、来る日も来る日も練習しました。北園選手の心の支えになったと思います。本番での応援は見事でした。圧倒的なチカラ強さ、チームワーク、声の大きさだった。
「発表します。最優秀応援団賞は、九州地区代表 株式会社芙蓉商事」。。。「うぉー」。のけぞってのガッツポーズ。私は応援団員ではなかったけど、代表で表彰された。名誉なことでうれしかった。
北園が鹿児島大会、九州大会、全国大会と勝ち進むたびに、希望や夢を見させてもらいました。次は、私たちが夢や希望を持てる会社にしたいと思います。
北園君、練習はきつかったでしょう。プレッシャーはどれほどのものだったか。おつかれさまでした。そして、ありがとう。

全国大会画像

ブログ更新(全国大会前夜)


橋本聖子参議院議員を真ん中に写真をとりました。
その両側におさまっているのが、全国ビルクリーニング技能競技大会に九州代表として参加する二人。宮内選手と当社の北園選手です。
場所は、東京ベイ有明ワシントンホテル。11月15日18時から開催された全国大会前夜祭(懇親パーティー)会場でのワンショットです。
会場には北園選手の上司でありコーチでもある二川翔太も同席しました。
二川は、競技者である北園を、あれやこれやと気づかっています。「飲みすぎるなよ」とか。
一方、北園は、普段と変わらずビールに焼酎、お酒と飲んでるので、度胸がいいのかもしれません。
二川が九州代表として出場し優勝した2011年全国大会の前夜祭では、二川はまったくアルコールをクチにできませんでした。
この対象的な二人が師弟となり、いよいよ明日10時40分から20分間の演技がはじまります。
欲を言えば、入賞7位までには入ってほしい。
そして、鹿児島大会に出場した選手、九州大会に出場した選手のためにもいい成績を残して欲しいと願います。
DSC_0158

DSC_0162

ブログ更新 (湯遊ランドあいらレストランへようこそ)


鹿屋市交流センター「湯遊ランドあいら」で、レストランメニューの試食がありました。
調理スタッフは3名。3人の風格がそのまま味にでたようです。
値段は650円の海鮮ちゃんぽん、生姜焼定食から、4,000円の会席料理までご用意しました。
年輪を重ねた無口な親父がつくっています。
厨房をのぞいてもらっても「なんだコノヤロー」とは言いません。
無口ですから。
声をかけてあげてください。
「美味しかったです」
ニコリは期待できると思います。DSC02937DSC02888DSC02789DSC02925

ブログ更新 (湯遊ランドあいら営業再開)


鹿屋市交流センター「湯遊ランドあいら」のリニューアルオープンを明日に控えて、仕上がり具合を見に行きました。
館長に一通り説明を受けてこの日はここに泊まります。
翌朝5時には夜勤者に館内の明かりをすべて点けてもらって、誰もいない館内を一人で見て回りました。
大浴場の温泉がたまったところでオープン前の1番風呂。
目の前を設備の点検や水質検査で人が行ったり来たり。
この人たちのおかげなんだよな。こうして温泉を楽しめるのは、と感謝の気持ちで目をやった。
3ヶ月休館して設備の工事や、館内や、館の周りをキレイにしました。
2017年11月3日(金)文化の日。午前7時。お待たせしました。営業再開です。
鹿屋市商工振興課の坂元課長ほか関係者の方々、そして時間前からたくさんのお客様にお越しいただきました。
みんな笑顔です。お客様どおし手を振って、スタッフは両手を振ってお出迎え。
「ひさしぶり~、元気!」の声が飛びかいます。
風呂上がりだったからか、外の風が気持ちよく感じました。
営業ができること、お客様を迎えることが本当にうれしい。
70を過ぎたぐらいのおばあちゃんが、私の腕や背中をポンポンしながら「ありがとう、ありがとう」と何度も何度も言います。
そのおばあちゃんの目を見ていると、思わず涙がこぼれそうになりました。
今日の営業再開を楽しみにしていたのはスタッフも同じです。
今日の気持ちを私たちは忘れません。
湯遊ランドあいらは、館内に笑い声が響きわたる、笑顔いっぱいな、そんな施設です。
http://yuyuland.net/

P_20171103_072614

ブログ更新 (職場巡回:北部斎場様)


2017年9月13日(水)職場巡回で鹿児島市北部斎場様に行きました。
最初に、鹿児島市環境局の折田場長と、専門員の迫田様にごあいさつ。
「ご遺族の方が、故人様との最後の時間を安心してお過ごし頂けるよう心をくばりながら執り行います」
スタッフとは、業務の都合で全員と会うことが出来ませんでした。
「心くばり」を忘れずに。IMG_0332