ブログ更新 (職場巡回:霧島市事業所)

2021年9月10日、職場巡回で霧島市国分にいきました。
マスクを付けていると、見た目年齢が若くみえるということがある。
「きりしま国分山形屋」様と「鹿児島銀行国分支店」様に配属のスタッフと会うのは2年振りなので、新型コロナウイルスが発見される前のこと。
「若いですよねえ」
「社長もぜんぜん変わらない」
と、若い若いと言いながらも老化は確実にすすんでいて、目がかすむとか、腰が痛いとか、体の不調を訴えてきます。
9月5日に閉会した東京パラリンピックをきっかけに意識が変わったことがあります。
認め合う、助け合う、共に生きていくということです。
車椅子の方は、銀行のATMが使えないと聞いたことがあります。
ATMは立ったまま操作するもので、椅子に座った目線で操作できるようには作られていないということです。
清掃スタッフが困ったことがありました。
補充用のトイレットペーパーを倉庫に取りにいくと、高く積み上げられていました。
"だるま落とし"のようにセエーノ、と途中から抜く度胸はありません。
警備員さんに助けてもらおうと来てもらうと、その方も小柄な人、
トイレットペーパーの山を見上げ、「配送員さん、体格がよかでねえ」
次に使う人のことを考えて物を置く、次に仕事をする人が、仕事をしやすいように心をくばる、思いやりの心をもって仕事ができたらいいなと思います。
このあと霧島市隼人町の「鹿児島県工業技術センター」様にいきました。
設備管理のスタッフに迎えられて館内に入ると、リラックス効果のありそうなジャズ音楽が流れていました。
音楽が流れているだけで雰囲気が変わっていいな、という感じです。
「いつから館内に音楽を?」
「点検ですよ」と素っ気なくリーダーの神崎さん。
今日は、たまたま放送設備の点検の日で、館内放送に不具合がないか、今だけ音楽を流しているとのこと。
特別なことがない限り、館内放送が使われることはないらしい。
面談のあと、スタッフと集合写真を撮ったのですが「密接」になってはいけませんと、距離を空けて写真をとりました。
エレベーターを使っての移動でも密になってはいけませんと、スタッフの一人は階段を使うほどの徹底ぶりです。
新型コロナウイルスのワクチン接種が進んだこともあり、気が緩みそうになりますが、密集、密接、密閉の3密回避、手洗いにマスク着用。まだまだ油断はできません。
「きりしま国分山形屋と鹿銀国分支店」様1 「きりしま国分山形屋と鹿銀国分支店」様2 「鹿児島県工業技術センター」様1 「鹿児島県工業技術センター」様2

ブログ更新 (職場巡回:黎明館様)

2021年6月8日、職場巡回で「鹿児島県歴史・美術センター黎明館」に行きました。
館内に入ろうとすると入口の自動ドアで足止めされる。
飛んでも跳ねてもドアは開こうとしない。
センサーと思われる付近に手をかざしても反応なし。
「営業時間前?」
「9時からなのでそろそろかも」
とそこに、当社の警備スタッフがやってきてドアそでにあるスイッチを”ぱちっ”。
ぐぃ~ん、と目覚めたドアが開くと、目の前にはカメラ。
コロナ感染防止対策の検温カメラで測定された体温36.5度がモニターに表示され受付にいく。
受付カウンターの上には飛沫防止パーティションが置かれている。
用件だけ済ませる切符売場のようだ。
お客様と談笑することも少ないのではと思う。
当たり前だが当社の受付スタッフはマスク着用。
マスクが邪魔しているのか会話が弾まない。
「来館者、少ないでしょうね」
「そうですね。催し物があると増えます。最近ではオードリー・ヘプバーンの写真展」
「何か、パーッと気分を晴らしたいね」
「碇(いかり)シンジに期待しましょう」
「エヴァンゲリオン展 VISUAL WORKS 鹿児島」は7月9日から、ここ黎明館で。
※碇シンジは同作の主人公黎明館様1黎明館様2黎明館様3

ブログ更新 (職場巡回:商工会議所ビル様)

コロナウイルス感染拡大防止にテレワークを導入する企業が増えているようです。
テレワークとは、出社せずに自宅など会社から離れた場所で仕事をすることです。時間にも縛られません。
政府は、テレワークにより出勤者7割削減(3割出社)の目標を掲げています。
鹿児島の場合はどうなのでしょう。
2021年5月14日、職場巡回で鹿児島商工会議所ビル様へ行きました。
このビルは地上15階建てのオフィスビルです。
清掃を受け持つ当社のスタッフにききました。
「テレワークで出勤する人減った?」
「実感はないです。トイレが汚れなくなったとかトイレットペーパーの減りが遅くなったとかもないですね」
厚生労働省が4月30日に公表した調査結果では、テレワーク導入全国平均27%。
政府目標の70%には遠く及ばないけど27%がテレワークとは意外です。
27%の分母が何になっているかで違ってきますが、もっと少ないのかと思っていました。
当社のテレワーク率0%。
「不特定多数の人と接触する機会も多いため、スタッフにはマスク着用、手洗いの徹底、3密を避けるよう促しています」とは責任者の四元さん。
私たちは、快適な日常生活を送るために欠かせない仕事を担っています。

商工会議所様1 商工会議所様2

 

 

ブログ更新 (職場巡回:黎明館様)

「鹿児島県歴史・美術センター黎明館」は、去年3月まで「歴史資料センター黎明館」と呼ばれていました。
開館してから37年、慣れ親しんだ名称を変更したのは余程のことがあったのでしょう。
県のホームページで調べてみると、「美術・工芸品を収蔵している現状を踏まえ・・・」改称したとのこと。
「資料センター黎明館」から「美術センター黎明館」へ。
格が上がったような感じです。
その美術・工芸品や来館者を警護しているのが、当社の警備スタッフです。
2021年5月13日、職場巡回で黎明館様にいきました。
「力を合わせて警備にあたっています」とは責任者の市さん。
今年2月に責任者となり責任を背負うことの重圧を感じているようですが「スタッフの協力で助けられています」とも。
写真をとる間、少しの時間、持ち場を離れたのですが、気が気でないらしく、写真を取り終わると走って持ち場に戻っていきました。
責任者になるとは責任を引き受けるということ。責任を負わされるということ。
責任から逃げることも目を背けることもできない。
走り、持ち場に戻る後ろ姿に、責任者の覚悟を見たような気がします。黎明館様1黎明館様2

ブログ更新 (職場巡回:山形屋様)

2021年4月14日、職場巡回で山形屋様へ行き、清掃スタッフを訪ねました。
百貨店には多くのお客様が買い物やウインドショッピングを楽しみに来店されます。
今朝も、「半期に一度、夏のチビッ子大バーゲン!」に、開店前から行列ができていました。
4月21日からは、北海道物産展が始まります。
北海道などが主催する物産展としては、山形屋様が日本一の売り上げを誇るようです。
それも、一度や二度の日本一ではなく20年連続らしいので驚くべき山形屋様の企画力です。
また、どれだけのお客様が楽しみにしているイベントか容易に想像がつきます。
当社の清掃スタッフは、このイベントに関われることを誇りに思っています。
お掃除をつうじて快適な買い物のお手伝いできることを。

山形屋様1 山形屋様2