ブログ更新 (職場巡回:メルヘン館様)


昨日は立秋、さわやかな音の響きと、文字からは涼しい風を感じさせる。
今日は2018年8月8日。天気予報では36度の猛暑。まだ、秋の気配はどこにもない。
今年の夏は、猛暑を超える“殺人猛暑”と呼ばれる異常な暑さが続く。
災害級の暑さの影響で、海にもプールにも足が遠のくようだ。
猛暑のためプールサイドや水の温度が上がり、涼を取るどころか、熱中症になる恐れがあるというから穏やかでない。
午前9時、開館前の「かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館」様にいきました。
受付業務を当社が受け持っており、仕事の様子をスタッフから聞いてきました。
「毎日館内一杯の人」
今年の夏は特にお客様が多いようです。
外は危険な暑さのため、こういった施設が好まれるのでしょうか。
イベントの効果もあるようです。
いかいも涼しそうな展覧会「妖怪道五十三次」
人気漫画『ゲゲゲの鬼太郎』の作者・水木しげるの作品です。
9月3日までの企画展となっています。
今日もたくさんのお客様でにぎわいそうです。
「忙しくて、館内はお客様で一杯だけど、私たちの充実感も一杯です」
と責任者の原田さんは涼しい笑顔で話してくれました。

0DSC05654_-_コピー 0IMG_3586_-_コピー

ブログ更新 (職場巡回:鹿屋体育大学様)


2018年7月31日、異例の逆走台風が鹿児島の西側を北から南へ通り抜けた。
この台風、しばらく海上で停滞したのちループを描いて鹿児島に戻ってくるらしい。
生あたたかい風が木の枝を揺らしながら吹き抜ける。
今日は、フェリーを使う予定だったので心配したけど波はおだやかで、通常通り運航していた。
桜島フェリーで錦江湾を渡り、約束の10時に間に合うように鹿屋へ行く。
待ち合わせの場所はファミリーレストラン。
ここで、鹿屋体育大学の構内警備に従事するスタッフの研修を行いました。
本来なら、本社に集まってもらうところですが、今回は異例のことです。
構内警備の仕事は午後5時15分から翌朝8時30分まで。
その間、6回の巡回があり、万歩計で測ったら1万2千から1万3千歩位になるそうです。
夜中に懐中電灯を手に、誰もいなくなった大学の構内を見て回る。
ギャ~、怖い。
「大きな声で歌を歌いながら怖い気持ちを紛らわすとか?」
「それは絶対ない、目を見開いて前方注意、不審な気配はないか」
責任者の田中さんは冷静沈着そのもの。
様子が違ったのは、6月19日に鹿屋で起きた殺人事件の容疑者が逮捕されるまでの約3週間。警棒を握る手にチカラが入ったようです。
健康推進や生活習慣病の予防にウォーキングがいいことはよく知られています。
目安としては一日1万歩。
だからかどうか、最年少65歳から最高齢71歳のスタッフは全員とても元気。
迷走台風が今夜あたり戻って来そうなので安全第一をお願いして研修を終わります。

0DSC05623_-_コピーブログ

ブログ更新 (職場巡回:レゴブロック展)


2018年7月19日、鹿児島県歴史資料センター黎明館で開かれている「レゴブロックで作った世界遺産展」を見に行った。
会場案内や物品販売は当社のスタッフが担当させてもらっています。
小さい頃、レゴブロックで遊んだ記憶はあまりなく、組み立てて遊ぶのは「積み木」だった。
作ってもせいぜい「家」とか「階段」とか、その程度のもの。
それが、レゴブロックとなると想像の世界が違った。
アルバイトリーダーの池田さんは、「この展示場には、自由にレゴブロックで遊べるコーナーがあり、子供達が作った想像力豊かなその作品を見るのが楽しい」と声をはずませた。
主任の道田さんも、「遊べるコーナーのブロックは白一色。白一色だと想像が広がるんです」「鹿児島スペシャルのレゴブロック作品『屋久島縄文杉』もおすすめです」と少しはしゃいだ口調でうれしそうに言った。
売店では、物販担当の眞邉さんに、文字を彫刻できるレゴブロックのキーホルダーをすすめられて1個買う。両面に名前を彫ってもらった。
レゴさんが作ったブロック。それがレゴブロックだと勝手に思い込んでいた。
それが、「レゴ」という名前は「よく遊べ」という意味のデンマークの単語「leg godt」の略語だということが今回わかった。
白一色のレゴブロックの広場で想像力をかきたて「よく遊べ」。
9月2日(日)までの開催です。

0DSC05611_-_コピー

0DSC05615_-_コピー

ブログ更新 (職場巡回:湯遊ランドあいら)


昨日から雨は1ミリも降らず今日も降りそうにない2018年7月10日。
梅雨明け宣言あってもいいのになあと思いながら鹿屋市吾平の「湯遊ランドあいら」に向かう。
すると、だんだん雲行きが怪しくなってきて、当社が指定管理者として運営する宿泊温泉施設の「湯遊ランド」に着く頃には雨が降り出した。
鹿児島市内が晴れていても梅雨明けしないのは、これか。
ここの雨が上がるのを待って九州南部地方の梅雨明けとなるのだろう。
館内に入ると「いらっしゃいませ」。と顔をクシャクシャにした松浦館長に迎えられた。
気分がクシャクシャではなく、クシャクシャの笑顔で。
館長のはなつ雰囲気がそのまま館内の空気感と一体となって皆んないい感じである。
営業を続けていると良いこともあるけど悪いこともある。
いつも笑顔でいられる館長は、館長だから、なのだろう。
今日はお客さん少なめかな。
「梅雨が明けたら忙しくなりますよ」

0DSC05568_-_コピー

ブログ更新 (職場巡回:三井生命様)


昨日までの天気とは打って変わって梅雨明けを感じさせる今日は2018年7月9日。
職場巡回で三井生命ビルディング様に配属のスタッフの所にいこうと車で出かけた。
さて、車をどこに停めようかと、付近をグルグル回って停めたのが「西郷どん 大河ドラマ館」の駐車場。
時間は午前10時20分、月曜日ということもあってか車はまばら、団体とみられる人たちは、影にかくれるように並んで入場を待っていた。
駐車場から目指すビルまで3分、「暑い暑い」いいながら歩く。
このビルには、当社の警備員と清掃スタッフが常駐しています。
「最近、ちょっと太ったかなあ」と75歳を過ぎた岩下さんが一言。
でも、本人はまだまだスマートで今でも乙女だと思っているふう。
「銭湯に行くとねえ、80歳すぎた人がゴロゴロいて、みーんな私より太ってる」
快活に話し、まだまだ働き盛りの岩下さんからすると、56歳の私は、はなたれ小僧だろう。
年の離れた先輩の話にタジタジさせられることがある。
一言で言えば「元気だあ」。
元気で働けることが何よりです。
1

2

3

4