ブログ更新 (職場巡回:鹿児島市役所谷山支所様)

すし詰め、どういう状況でしょう。
油揚げに米粒が押し込まれた「いなり寿司」。
それとも、すし飯が敷き詰められた「押し寿司」か。
2021年4月12日、職場巡回で鹿児島市役所の谷山支所様にいきました。
中に入るとかなり混んでいて驚きました。
寿司が折箱にすきまなく入っているほどではないけど待合室の椅子はほぼ埋まっています。
人と人の間隔は一人分よりやや狭い0.5人分ぐらいでしょうか。
「だいぶすいてきましたよ。3月末から4月始めはすし詰めの待合室。追加のパイプ椅子だけでは足りずに、立ち待ちで前が見えないくらい」
と話すのは当社の受付業務スタッフ。
新型コロナウイルスは収束する気配をみせず1年以上も活動を続け、流行は感染力が強い「変異株」に移りつつあります。
3密を避けマスク着用の生活は続きます。
ここでは、待合室の混雑を避けるため、整理番号と一緒にQRコードを配布しています。
待合所にいなくても、QRコードを読み取れば市役所の外にいても自分の順番を確認できるようになっています。
「えーっ、2時間待ちか」
と言いながらもあきらめが付くのか「いつまで待たせるんだ」のクレームは減りました。
待ち時間がわからないと人はイライラするようです。
受付スタッフとは少し離れた場所でアクリル板越しに面談しました。
スタッフ間の情報共有はノートを使っていて8年続いているそうです。
笑顔のお客様、難しそうな表情をしたお客様などいろんなお客様が窓口にお尋ねになります。
なかには対応に困ることも。
そんなときは、経験とノート情報が役立つのでしょうか。
ノート、気になる。
見せてもらいたいけど、個人情報満載だろうから・・・無理か。

谷山支所様

谷山支所様2

ブログ更新 (入社式)

令和3年4月1日、レッドカーペットを歩き入場してくれる6人の表情はガッチガチで見ていて胸が詰まりそうになった。
新入社員も息ができないくらい緊張していることだろう。
社長祝辞の第一声に詰まってしまった。
新入社員の緊張を解きほぐす話を最初に持ってこようと考えていたが思いつく間もなく司会者より「社長祝辞」の声がかかり出だしでつまずいた。
完璧なスピーチを目指したけど思うようにいかないものだ。
祝辞は「失敗や挫折を味わうことがある。くじけずに会社と共に成長していきましょう」で締めくくった。

入社式1 入社式2 入社式3