ブログ更新 (アビリンピック)


2017年7月30日(日)、鹿児島市の気温は35度を越える猛暑。
この夏一番の暑さだと誰かが言い、熱中症で25人が病院へ搬送されたと騒いでいた。
ココも暑かった。ポリテクセンター(職業開発促進センター)の競技会場。
障害者技能競技大会(アビリンピック)が開かれ、ビルクリーニングの部に芙蓉商事からも出場しました。
競技は「カーペット床材」と「弾性(プラスチック系で弾力のある)床材」のクリーニング。
2つの会場を使って交互に行われました。
その1つは冷房エアコンはなく、オレンジ色の大型扇風機がゴォーゴォーと熱風をかきまぜていました。
見ている私たちでさえ暑くて目が回りそうです。選手はさぞかし大変だったでしょう。
ハンデを背負った一人一人の懸命な姿に、胸がじーんと暑く熱くなります。
結果は3位、本人は悔いが残ったようですが、経験は積み上げられ、またひとつ成長したことに違いありません。
熱中症が心配されるなか、爽快な気分にさせられた競技会は終わりました。
来年の大会は後進に譲るそうです。
経験は引き継がれていきます。

P_20170730_133952