ブログ更新 (清掃の仕事紹介(本社勤務))

清掃業務課は、本社勤務と現場勤務があります。
現場勤務は、本社に出社せず、水族館とか病院、商業ビル等そろぞれの配属先に直接出向いて、床を掃く、掃除機をかける、トイレ掃除をするなどの業務を毎日行います。
仕事が終わると、本社に寄ることもなくそのまま帰ります。
本社勤務は、毎日本社に出勤して、その日予定されている現場にそれぞれ向かいます。
業務は、ハウスクリーニング部門とビル清掃部門があります。
ビル清掃は、店舗やオフィス等の床洗浄ワックスが主な仕事になります。
今日(2020年3月6日)、南部清掃工場様ビル清掃の現場へ同行しました。
おおまかな仕事の流れは次のとおりです。
1.事務所にある机、椅子、他すべてのものを持ち出し、部屋をからっぽにする。
「備品はお客様の大切な財産です。手荒く扱って傷つけないようにソォーッと運び出します」とはチームリーダーの有村勇一さん(56歳)
2.部屋の物がすべて持ち出されたら床面洗浄に入ります。
床面に洗剤をかけながら、ポリッシャーという”まーるい”大きなタワシがぐるぐる回転する機械を使って汚れをこすり取っていきます。
3.そのあとを、相棒の諏訪原康樹さん(29歳)が汚れた洗剤水を集めていきます。
道具は、車のワイパーとチリトリを大きくしたようなものを使います。ホウキとチリトリでゴミを集めている感じです。
4.次に、汚水を回収しただけでは、床表面に汚れと洗剤分が残っているので、固く絞ったモップで拭き上げます。
5.そのあと、床面を乾燥させてからワックスを塗っていきます。
ワックスを床にたらし、ワックス用のモップを使って均一に塗り込んでいきます。
塗り終わったら乾燥させます。乾燥は扇風機(家庭用4台分位の大きさ)を使います。
乾いたら、2回目のワックス掛け。ワックスを塗り重ねていきます。
以上、おおまかな流れです。
「キレイなった床を見ると満足感があって仕事楽しいですよ」とは有村さん。
「お客様が喜んでくれて『ありがとう』って言ってくれるから嬉しい。やりがいがありますよ」とは諏訪原さん。
みんなが笑顔になるこの仕事、素敵です。
本社清掃の仕事1
本社清掃の仕事2

ブログ更新 (職場巡回:かごしま近代文学館・メルヘン館)

新型コロナウイルス感染拡大の影響により休校となった学校もあり、今朝(2020年3月2日、月曜日)の通勤バスに学生の姿はなかった。
イベントは中止や延期となり、当社が予定していた3月6日のオリエンテーション(4月入社予定の新入社員への会社案内等)も中止になった。
「かごしま近代文学館・メルヘン」様へいくと、いつも満車に近い駐車場に停まっていた車は2台だけ。
館内もひっそりしていて、子供たちの笑い声はどこにもなかった。
ここの受付案内業務には、昨年のオリエンテーションに参加した2名のスタッフが勤務しています。
勤務して1年近くなる山下さんと櫻井さんは、仕事に慣れてきたということもあり、気配りする余裕が出てきたようです。
夏休み期間中のイベントで、お客様がゾロゾロと途切れることなく訪れて、目が回りそうなくらい忙しかった。ことに充実感を覚えた山下さん。
学生時代に学んだ手話(4級)で、お客様とコミュニケーションがとれた。ことがとても嬉しかった櫻井さん。
仕事を覚えることに一生懸命だった社会人一年生は、これから資格取得に挑戦していきたいと、意欲をみせてくれました。
「同期生っていいですよね」、とは責任者の原田さん。
「これから二人でジョイフル(レストラン)にいって勉強して帰ります」、ってな感じで仲良しの二人なんだそうです。
昨年の花見でういういしい姿を見せていた二人は、今年の花見では、どんな姿を見せてくれたでしょう。
4月3日に予定していた会社の花見は、新型コロナウイルス感染防止を理由に中止となりましたが、きっと、新入社員を前に、良き先輩振りを発揮していたことと思います。

メルヘン館受付スタッフ

メルヘン館受付スタッフ2

ブログ更新 (ねじめ黄金カンパチ)

2020年2月26日、宿泊先の「ネッピー館」をチェックアウトして、歩いて3分の、当社が指定管理者として運営する物産館「なんたん市場」に立ち寄って中をのぞいてみました。
奥の方にガラスで仕切られた小部屋があり、そこで、カンパチをガシガシ洗っていたのは、雪丸みゆきさん(女性です)。
彼女が入社したのは「なんたん市場」がオープンした時からなので丸8年になります。
応募した理由が魚を捌(さば)けるから、といってもアジ程度(大きさが)。
「今はアジよりカンパチを捌く方が好き」、だと言います。
小物より大物、達成感、満足感のレベルが違うからでしょうか。
アジ12匹をまとめた位の大きさの「ねじめ黄金カンパチ」を、細腕一本で捌いていく職人の技に、しばし見入ってしまいました。
(根占のカンパチはブランド名のとおり黄金に輝いています)
内蔵が取り出され、歯ブラシのようなものでゴシゴシ血合いがかき出され、目の前に横たわるカンパチ。
身だけになったカンパチに息はありません。
──でも、身はピク、ピクッと波打っています。
どう説明したらいいのか、奇妙な現象を見せられているようです。
あと10分もすれば「ブロック」や「刺し身」に切り分けられて店頭に並びます。
食物連鎖的に考えると、人間は頂点にいるので、食べられることはないけど、食べられる身になって大切な命をいただきたいと思います。

なんたん市場

ブログ更新 (台風19号被災地義援金)

少し遅くなった感がありますが、本日(2020年2月25日)台風19号の被災地義援金を、南大隅町の森田町長へお届けしました。
「令和元年東日本台風」と43年ぶりに命名された19号は、昨年10月12日19時前に、大型で強い勢力のまま伊豆半島に上陸した後、関東地方を通過し、13日未明に東北地方の東海上に抜けていきました。
台風本体の発達した雨雲や台風周辺の湿った空気の影響で、東日本の広範囲に渡り記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の甚大な災害が各地で発生しました。
この災害で被災された方々の支援を目的に、当社が指定管理者として運営する「ねじめ温泉ネッピー館」でチャリティーコンサートが開かれたのが12月22日のことです。
コンサートはヤマハ音楽教室(株式会社島津)さんとの共同で実現しました。
20名を超えるピアニスト(音楽教室の先生の方ではなく生徒さん)の熱演に、温泉出入口前休憩室に設営された会場は熱気に包まれました。
ここで集まったお金と、芙蓉商事で働く社員からの寄付金とを合わせ、義援金として寄付することになりました。
小さなピアニストたち、付添いの先生方、親御さん、観客、ネッピー館のスタッフ。
ピアノの調べとともに、みんなの支援の気持ちが被災地へ、届いたような気がします。

neppi

ブログ更新 (新入社員研修)

客船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜に停泊して10日になる。
途中、香港で下船した乗客が新型コロナウイルスに感染していることが判明し、上陸に待ったがかかっています。
「一生の宝物になる思い出をあなたに」と、プリンセス・クルーズの広告にありますが、思い出は悪夢にかわり災難というほかありません。
感染数は130人を超え、船内にはまだ3600人の乗客乗員が残っているようです。
感染しても潜伏期間があるのですぐには発症しないだろうし、そもそも感染しているかどうかもすぐにはわからないらしい。
いつになったら全員下船できるのか見当もつきません。
「同じテーブルのあの人は、すれ違ったこの人は、もしや感染者」
感染する危険性は常にあり、残された乗客は疑心暗鬼になり、精神的につらい状況に置かれていると思います。
今日(2020年2月12日)、先月、先々月に入社した社員の研修が行われました。
普段は、それぞれ所属する現場へ、バイクや車で通勤しているのが、今日はバスや電車を使って本社に出てきました。
人混みの車内では例のことが心配でマスクを付けたそうですが、それが予防でありマナーともいえます。
ところで、本社に着いて手洗いしましたか。
手洗は、石鹸を泡立ててしっかり20秒はゴシゴシしないと効果がないようです。
感染予防には、一人ひとりの「手洗い」や「マスクの着用」などの対策が重要です。
当社の業務は人によって成り立っています。
健康管理も仕事のうちと言いますが、健康に留意して、新しい環境での仕事を頑張ってもらいたいと思います。

新入社員研修